Rss

Archives for : 3月2019

保湿を徹底してエイジングケアする

肌のバリア機能が低下すると、トラブルが発生し細胞の老化が進みます。バリア機能を強化するのは保湿成分なので、エイジングケアで肌を潤わせることは非常に大切です。加齢により肌が本来持っている保湿成分は減少してしまい、年齢を重ねれば重ねるほど化粧品で補っていかなければなりません。エイジングケア製品によく配合されるヒアルロン酸は、水分を肌に閉じ込める効果が高いです。一般的なヒアルロン酸はヒアルロン酸ナトリウムという種類で、安い価格で大量に生産できます。

 

分子が大きく角質層の奥には浸透できませんが、肌表面に残ることで水分の蒸発を防ぎます。角質層の奥まで浸透し減少した保湿成分を助けるのが加水分解ヒアルロン酸で、たるみの改善に効果的です。セラミドは角質層に存在し、細胞と細胞を結合させることでバリア機能を維持します。ヒアルロン酸が水分を抱え込むタイプならば、セラミドは水分を挟み込むタイプでそれぞれ役割が異なります。ヒアルロン酸は水に溶けやすいので化粧水、セラミドは油分に溶けやすいので美容液やクリームに配合されます。それぞれ高い保湿効果を持ち相乗効果が期待できます。

 

しかし塗りすぎると肌本来が持つ保湿機能が低下するので適量を守ります。また乾燥肌を引き起こすような習慣を控えましょう。例えば洗顔をする時は熱いお湯ではなくぬるま湯に設定します。熱いお湯は必要な皮脂まで洗い流しバリア機能を壊します。寒い時期は水温を高めに設定しやすく、潤い成分がどんどん無くなってしまいます。洗顔中に手でゴシゴシ擦って肌を傷つけないのも当然ですが、洗い終わった後にタオルで拭く時も摩擦が生じないように注意します。

 

せっかく高品質なエイジングケア製品を使っても、日常生活で乾燥肌を悪化させたら意味がありません。夏はエアコンの風で肌が乾燥するので、保湿効果が高いホホバオイルを薄く塗ったり水分をこまめに摂って脱水を防いだりする工夫も必要です。